ハンブルグこてんぱん日記

2009年12月から翌1月にかけて、ドイツ、ハンブルグのdruckdealer gallery にてグループ展に参加します。京都、大阪の若手作家13人が北緯53度でぶっつけ本番。だーいじょうぶだろうか?とりあえず実況中継させてください。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -


14時ギャラリー集合。ぼくのじゃないけど、大きい作品が売れてて、びっくり&嬉しい&悔しい。村林さん、おめでとう。
今日はキャロリンさん、ウィリアムさんの案内で、ハンブルグのアート・スポットめぐり。とても面白かった。ストリート・アートを道端で見たり、アート・キオスク(アーティストの手作り雑貨とかを置いてる店)に入ったり、廃ビルを再利用したアトリエ兼ギャラリー(こういうのが沢山ある)を覗いたり。なべて、インディーズな、特にメジャーをめざさない風土がある気がする。受け手が豊かなんだな、とかんじる。

今朝、メンバーのうち5人が帰国。貴重な一週間だった。
写真は、ドイツっぽい頽廃芸術をアップ・トゥ・デイトしたかんじ?
| - | 09:00 | comments(0) | -
いよいよオープニング・パーティー。今回の滞在のハイライトです。
写真多めで行かせてください。

オープン直前まで、部屋のレイアウトを変えたり、飲み物を用意したり、プライスカードを付けたり、大忙しのスタッフ。普段はショップなので、ギャラリー仕様にするために、棚や商品を取り払って、地下に降ろしたりしなきゃいけないのです。

ぼくの展示はこんなかんじ。(クジラのみ、イヌはすずきあいさん)

グッズも充実しておる。

多すぎるかとおもってたけど、用意した作品はすべて展示できました。
Tシャツはズルイなー。でも売れてたよ。

7時。まだまだ夜はこれから、なかんじ。金・土は朝まで電車が走っているそう。

へんなジャージを着てるのが、オーナーのロルフさん。ぼくらの展示の為に、かなりのハードワークをこなしてるはずなのに、いつもニコニコしながら、へんなジョークを飛ばしまくってくれます。ナイスガイだ。で、豊高フィギュア部って何なんすか。

9時頃、かなりひとが増えてきました。キャロリンさんも来てくれてる。

びっくりするくらい沢山のひとがきてくれました。

カオス・チーム(いつも混乱している&混乱を巻き起こすゆえ、オーナーにそう名付けられた、平竹・阪口コンビ)による寸劇。


山ぐるみが乱入。こういう飛び道具のあるひと、うらやましい。

深夜2時までつづきました。

最後にみんなで。
オープン同時にきてくれて、結局最後までぼくらにつきあってくれたアンケさん、ステファノさんには本当に頭が上がりません。こんなことばかり書いてるけど、本当に、全面的に、ダンケシェーンじゃ言い足りない。涙が出そうになる。

こんなかんじでした。



| - | 19:00 | comments(3) | -


午前9時、地下鉄wartenau駅集合。芸大にて、アンケさんの講義を見学させてもらう。20人程の生徒たちが、作品を壁に貼って、一人ずつ自作について話しつつ、ディスカッション。人形を主人公にしてストーリーを組み立て、何枚かの絵で言葉は使わずに表現する、というのが与えられた課題らしい。生徒さんたちの作品はかなりレベルの高い(と思う)ものもあり、議論も活発。講義は5時間!つづくらしく、途中で入るひと途中で出るひと、リンゴ食べながら話すひと、とても自由な雰囲気。ひとりひとりにかなり丁寧な講評が与えられ、和やかに、でも熱いかんじで講義は続き、これ5時間もやったら先生はヘトヘトなんじゃないかしら、と思う。今日は、ぼくらドイツ語を理解しないゲストの為に特別に英語ですべて進めていただき、生徒さんも苦労したと思う。いくら感謝してもしきれないことばかり。

昼からは、少し展示の手直しをし、夜はギャラリーのオーナー・スタッフと食事。ドイツ料理ってやつを堪能しました。クミンの入った食後酒が美味しかった。


写真は、生徒さんの作品を撮らせてもらったもの。

| - | 16:00 | comments(0) | -
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
SPONSORED LINKS
無料ブログ作成サービス JUGEM