ハンブルグこてんぱん日記

2009年12月から翌1月にかけて、ドイツ、ハンブルグのdruckdealer gallery にてグループ展に参加します。京都、大阪の若手作家13人が北緯53度でぶっつけ本番。だーいじょうぶだろうか?とりあえず実況中継させてください。
<< 11 | main |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
12


最終日。午前中、タダ君、富永君と3人でダイヒトアハーレン(現代美術館)へ。カトリーヌ・フリーツェの展示を観る。有無をいわせないくらいお洒落。参ったまいった。併設のショップが良くって、アート本も充実しており、物欲そそられまくる。wallpaperの都市ガイドシリーズのハンブルグ版を買う。昼から、各自思い思いにギャラリーの周辺をウロウロ。コミック・ショップのカトーで、ぼくらのジン「KYOCO」を扱ってもらうよう話す。快諾してくれる。店長(アレクサさん)は、ハイクオリティ・ガールズ(ぼくらが心をつかまれてしまったローカル・バンド、おじさん二人組らしい)を引き連れてジャパン・ツアーをしたい夢を話してくれる。冗談かと思いきや意外に本気っぽいので、なんでも手伝います!などと調子のいいことを言っておく。

夜。オーナーのロルフさんと食事。druck dealer の成り立ちや(初期は、芸大出の女のこ4人が立ち上げた店だったそう)、彼が去年も今年もタダ君の絵をお母さんにプレゼントした話や(うちのおかんはヨーロッパ随一のタダユキヒロ・コレクターになりつつある、って言ってた)、スタッフのギザさんが山さき君の作品(山ぐるみ)を3歳の息子のクリスマスプレゼントにしようとして、でもどれがいいか超迷ってる話や、色々聴く。しあわせ。2時まで飲んで、ナイトバスで帰宅。

喜びをほかの誰かと分かり合う、それだけがこの世の中を熱くする!という有名な歌がありますけど、この旅を通じて、実際その通りだなと強くかんじました。本当に、「それだけ」、だ。そして、分かり合える「ほかの誰か」は世界中に確かにいる。それを実感できてよかった。今回、ぼくらが受けた大きな大きな恩を、彼らに、ほかの誰かに、手渡して行けますように。そして、ぼくが絵を描くことがそのサークルの一環でありますように。ハンブルグ編、これで終了です。読んでくれたひと、ありがとうございました。又かならず帰ってくるぜハンブルグ。(現在、イスタンブール、アタチュルク空港でーす)

| - | 05:00 | comments(3) | -
スポンサーサイト
| - | 05:00 | - | -
コメント
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2011/06/06 2:35 AM |
ああ、プエブロってかんじなのよ、実際!
「土地とそこに住むひとびと」が、当たり前に濃密なかんじ。

ただいまでっす。
| | 2009/12/20 1:01 AM |
ああ、そんな歌があったなあ〜、メロディがうかぶ。
ハンブルグ日記楽しかった。最後の日記はあたたかくなった。

シマヤンが今日「プエブロが帰って来たよ。」って教えてくれたよ(笑)
| chisatoasano | 2009/12/18 8:12 PM |
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
SPONSORED LINKS
無料ブログ作成サービス JUGEM